Squier ’51 Project PART-5 : Bodyのレリック

 

Bodyをレリック加工したぞ。
試しにネックとパーツを合わせて見た写真がこれ

 

あら? うそみたい、意外と素敵かも!?こんなVintageってありそうな気がしますね

ねっ!ねっ!? そーだろっ?!
「52年に1本のみ開発された幻のストラトキャスター・プロトタイプ」って書けばeBayで50万ドルで売れそうだよな

え、あー、いや・・そこまでキトクな人はちょっと・・

って言うかヘッドストックの「Squier」を見落とす人はいないのかな・・多分

本物Vintageといっても必ずしもBodyにクラックが入っている訳では無い。でも、もしもクラックがある場合はこんな風に長いライン状にヒビが入っていないと鑑定の時に、ものすごーく疑われてしまうぞ。
ここを参照

疑うも何も、そもそもこのギターに本物のVintageなんて無いじゃないですか

それはそうなんだけど自分としては「ありえない」エイジド加工のギターは造りたくないんだよ。ま、シロートさんなら冗談みたいなレリックでも満足してしまうようだけどね。実際、リアルさのカケラもないカスでクズでゴミで詐欺みたいなエイジドギターを高いお金を出して買っちゃう人がいる訳だし

(・・言うか?普通そこまで)

ピックガードとかブリッジに沿ってこんなような汚れを付けて見た。ここがあまり綺麗だと鑑定でパーツをバラした時に疑われるからね



ふっふっふ、この汚れの成分には十分気をつけたから、ここは科学鑑定をもくぐり抜ける可能性があるのだ

だから誰も鑑定しませんって・・明らかにSquierなんだから

ちゃんとピックガードやブリッジの下は変色具合が違うのだ。あのMJTでもここまでは再現してくれないぞ

(MJTとはTCTギターパーツの商売で絡んでいるけど、この再現は何回お願いしてもやってくれないです。面倒くさいですからね・・)

え? ちょっと待って・・・あれー、なんかブリッジ変わってません?


オリジナルはこう;


あー、これはより古っぽい雰囲気を出そうと思ってテレキャスのブリッジを改造して付けたんだ。もちろんチューニングが合うように角度付きサドルを採用したぞ。でも、あまりサドルをレリックするとギターとしての基本性能が落ちるからここは軽いレリックで止めておいた

へー、しかしストリング・スルーのAshtrayならともかく、よくトップローダーのパーツなんて見つかりましたね

なっ、なんでそんなマニアックな言葉知ってんの!?

やだなーKatsumiさん。今時の女の子ってそのくらいは知ってますよ

そ、そーなんだ・・・

レリック道 -The Way of RELIC

 

Comments

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com