YSW Headless Bass(Hohner魔改造)10/13更新

************
*** Part 6
************
I usually use lacquer for the color coat but this time, as an experiment, I put “sumi” ink to see how it will look like. I think it is basically a water-based black pigment paint. Of course it raised the wood grain so I had to light sand between the coats. I ‘painted’ three times using a paint brush.
I wonder what is the cheapest, easiest and fastest finish if I only want to make a wood parts black.


塗装は今までラッカーで塗っていたけど、今回は墨を試してみます。あれってつまり水性の顔料ペイントですよね。水を木に塗ると細かい木目が起き上がるからコートの間に軽くサンドペーパーかけないと駄目。 うーん、、かえって工程増えるか?でも乾くの早いし安いし臭くないし後でブラシ洗うの簡単というメリットはある。単に木を黒くしたい場合、一体何が最も安くて簡単で速い塗装なんだろ??

 

 


************
*** Part 5
************
The original bass was gloss finish. I sanded the body and neck to tone down the shiny surface.

元々はグロスfinishだったけどサンドしてサテンよりももっと反射の少ないフラットにしました。

Since it is black, the fine scratches are so visible. It looks little better after I applied the guitar wax but not perfect. I am okay with it since I’m going to relic this guitar anyway.
Forgot to take pictures but fretboard had some dents so I used hot iron to fix them.

黒だから細かい傷が目立ちます。ギターWAXをかけたら少しは良くなったけど完璧とは言えないですね。まあ、どうせ最後にレリックするからこれで良しとしました。
写真撮るの忘れたけど指板は何カ所かぶつけて凹んでいたから濡れたキッチンペーパーと半田ごてを使って可能な限り修正しておきました。



************
*** Part 4
************

Fixed the pickup cavity.

I am making the body parts. The hardest part is to put the screw holes at the right spots. To test different building method, I didn’t use a template to cut the control cavity so the cavity walls are not straight but this part won’t be visible so I don’t care.

PUキャビティの右側の壁をちょっと削って位置を直しました。
今はボディパーツを造っています。造る時は毎回いろいろと思いついたアイディアをテストしているのだけど今回はコントロールキャビティの加工方法を変えてみました。定番のテンプレート+ルーターじゃなくてバンドソーでカットしてから上下に板を貼ってます。なのでラインが直線じゃないけど、ここはどうせ見えない所だから気にしません。

 



************
*** Part 3
************

Huh? By performing thorough measurements I discovered this bass’s pickup location was slightly off-center. At first I thought my body cut was bad but it was the PU cavity. It is about 2.1mm off from the center. Usually not many people would notice this but in my case I’ll put the side walls to the body so it will be obvious.

えぇー? このピックアップって真ん中からちょっとずれた位置に付いてるんですけど・・。最初は自分のボディのカットの仕方がまずくて変に見えるのかと思ったのだけど、いろいろと測ってみるとPUキャビティがセンターから約2.1mm左にずれているのが判明しました。これ普通なら気が付かないだろうけど、自分の場合はボディカットして両サイドにWallを付けるからもう一目瞭然。ちなみにこのベースは改造歴無いですよ。


This bass doesn’t have any modification history. It is hard to imagine they put the PU cavity by hand router but two cavities’ “shape” are not the same and the cavity walls are not straight as if they used a bad template. There are signs of router mistakes at the cavity floor. I wonder how they were making this. Anyway I must fix this. An another extra work…

量産ギターだから手作業とは考えにくいけど、調べてみると二個のPUキャビティの形状が違うし、壁も真っすぐじゃないです。更に底にはルーターの加工ミスもある。やっぱこれはCNCマシンじゃなくて(いいかげんな)手作業加工だわ。さすがにこれは修正しないと気持ち悪い。 はぁ~・・又余計な作業が・・。



************
*** Part 2
************
Oh no, looks like there will be an extra work. My plan was to simply cut the both sides of the body and attach my ‘wings’ but it seems I must fill the control cavity first. What a chore..

ひぃー 面倒くさい! 単にボディの両サイドを切って新しいパーツを付けるだけって思ってたのに、コントロールキャビティがこの位置にあるぅぅー・・

To bad…  Okay I cut the body slightly wider for now and put the shaped wood blocks to fill the control cavity.  I couldn’t use wood filler since I will use screws to attach the side wings.

はぁ~ しょうがない・・しかしこれはFillerで埋めるか木材使うか微妙な大きさですね。でも多分この辺は組み込みの時にネジ止めするあたりだからきっちり木材で埋めておく事にします。(fillerだとネジを受け止める強度が無いんで)

少しワイドにボディをカットして成型した木片をくっつけます

Then cut the body to the size. I think this is good enough.

で、正しいサイズにカット。まあこんなもんでOKでしょう



************

*** Part 1
************

I happened to got an old Hohner headless bass. I will convert it like the Axellsior Mark II
–already disassembled. this bass doesn’t know what will happen to him.

とある事情で古いHohner のヘッドレスベースが家に来ました。これをAxellsior Mark IIみたいに魔改造しちゃおうと思います。すでにPUとコントロールは外しました。

Before removing the parts, I tested this bass for few hours. I think this Hohner was not bad. I like its narrow string spacing. Since it had old strings I couldn’t judge the sound but I felt the Low-Mid was very weak. The unplugged acoustic sound was like that so it is not the pickups nor my amp settings. I will add good amount of mass to the body so I hope the tone will be improved. I didn’t see any issue using guitar pickups on a bass. Sustain is not long but not too short. (again, i had to test with new strings) The metal leg rest is very cool but its location was not right for me.

そうそう、もちろんパーツ外す前に試奏しました。 このHohnerはベストでは無いけど悪くはないですね。普通の34″だけど弦の幅が狭いから弾きやすいです。弦が古いから正しい評価は出来ないけど中低域がかなり弱いと感じました。生音がもうそんなだったからPUやアンプセッティングのせいでは無いと思います。やっぱボディが小さすぎるからかな? 足りない部分はアンプやエフェクトで造っていくという方向性でしょう。サスティーンは長くないけど困るほど短いなんて事は無いから、これはもうこのベースの個性という事でOK。ギター用のPUをベースで使っているけど特に問題は無さそう。メタルのレッグレストはカッコいいけど個人的にはもうちょっとヘッド寄りの位置に付けた方がバランスいいかなと感じました。今回の改造でこのボディに結構な量の木材をくっつける訳だから生音が改善するかなと期待しています。

 

Yajima String Works websiteInstagram and Facebook

Yajima String Works posts

 

Comments

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com